珍獣あずきの毎日。

ワタクシ、フレンチブルドッグのあずきと申します。あずき、母ちゃん、父ちゃん、の日々の記録です。更新は母ちゃんの体調と機嫌次第です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近、被災地でペットの保護をされている、UKC JAPANさんの映像がよくニュースで流れてるみたい。

 ・・・こちらの団体さん、かぁちゃんは以前から気になっていたらしい。

 UKC JAPANさんってたしか・・・去年のちょうど今頃、福岡でブリーダー崩壊の事件があった。そのときに一般のボランティアさんでは手の出せない、いわゆる闘犬種の保護にあたったのがこちらじゃなかったっけ・・・??
 なんせ、保護活動にも力を入れてらっしゃるようで、かぁちゃんはちょこちょこHPを覗いとった。
その団体さんが今回被災地でたくさんのわんちゃんねこちゃんを助けてくれてるみたい。

 理事曰く、
 「人の命も動物の命もわけ隔てなく」
って、どんなに思っとっても、なかなか、実際に行動できるもんじゃない。
 ものすごく尊敬するし、感謝するし、本当に、本当に、頭の下がる思いやわ・・・。
本当にうれしい・・・。
   ・・・わたしとかぁちゃんも行ってお手伝いできたらいいのに・・・。
自分の無力さに腹が立つわい・・・。・・・といつまでも思っていても前向いて進まんから、
ちょこっとづつでも自分のできることをやるのみなんやけどね。


 今回の地震で人に対しても動物に対してもたくさんのボランティアさんや、自衛隊さんや、
様々な人たちががんばってくれてるみたいだけど、ハードワークだし、
余震にもまだまだ気をぬけない。くれぐれも体には気をつけてもらいたいものだ・・・。

P1010137.jpg





スポンサーサイト

 地震がおこってから、被災地の皆さんや、ボランティアの方々が助け合って生活してるのを見ると、つくづく、日本人でよかったと思う今日この頃なんよね・・・。見ているこっちまで、なんか励まされる・・・。

 アメリカの有名な学者さんも言っとったよ。


   『大災害に対する驚きと同時に、海外にいる私たちを深く勇気づけてくれたのは、
    災害に対する日本の方々の対応です。
    アメリカでは1970年代に大きなオイルショックに見舞われた経験があります。
    この災難に対するアメリカ人の対応は、実に極端なものでした。
    人々は先を争って石油を求め、その確保の為には銃の使用も辞さないといった、
    利己的で無責任なものでした。
    それとは比べものにならない大災害に遭いながら、社会的な秩序が守られている姿は、
    世界に大きな模範を示すものです。多くの人が助け合い、
    人間らしさを失わぬ振る舞いを貫かれていることに、
    心からの敬意を表したいと思います。』

 もしここが日本でなかったら、食糧危機になったときなんか、私はまっさきに豚か牛に間違われて食われてしまうのだろうか・・・。
P1010109.jpg

 『日本で略奪があるのは愛だけ。』・・・ってデーブ・スペクターも言っとったなぁ・・・。
日本人は優秀やわ・・・。


   ・・・と思ったのだが


 ・・・よく考えたら、私、フランス人やん!!

P1000753.jpg



 

 昨日かぁちゃんの妹からある情報が・・・それは・・・

   「オムツがめっちゃ安い」


 近所に子供用品専門店がオープンして、オープニングのセールらしい。 

 我家の下の姫君のオムツは普通の値段で1枚23円。ぼちぼち安くて1枚21円。目玉のセールで1枚19円・・・なのだが今回は1枚18円!!


 関東では、オムツもミルクも品薄状態らしいが、この辺にはセールするほどあるらしい・・・。
いつもなら迷わずまとめ買いするのだが、時期が時期だけに・・・。
「買占めはやめてください」って言ってるしなぁ・・・でも、こんなに安いのはめったにないし・・・。

  うぉぉぉぉ~・・・なんでこのタイミング・・・ (悩)!?

           ↓かぁちゃんの頭の中↓

P1010107.jpg


 ・・・結局1か月分2パックだけ買ったらしい。


世界中から被災地への応援メッセージが寄せられる中、かぁちゃんもちょっといい話をきいたらしい。



  ばぁちゃんの知り合いに造船所に勤めている人がいる。
  そこには中国から出稼ぎにきている人もいるのだが、
  昨日1000円札を持ってきて言ったらしい。
   「四川の地震のときには、日本に世話になった。
     これを被災地に届けたいのだが、どこに持っていったらいいのか」
  ・・・と。
  中国から出稼ぎに来て自身の生活も大変だろうに。
  その1000円にはどれだけの価値があるのかわからない。



 それを聞いたかぁちゃん、ふとわれに返ったらしい。
幸せなことに、わたしらは被害にあわなかった。
しかし、これから復興にむけて、支えあわなきゃいけない時に
支える側がうつうつしてたらいけないな、と。
 支えると言っても大した事はできない。ちょっとの義援金と節電くらいだ。
義援金には限界がある。でも節電はいくらでもできる、とかぁちゃん、気合を入れたらしい。


 「大悪おこれば大善きたる」だ。 
  東北がんばれ~!!電気送るから待っててね~!!
          


 我家に新しい家族が増えました
P1000755_convert_20100915201359.jpgでへへ・・・

 妊娠中は自宅安静→入院→自宅安静→入院をくりかえしとったかぁちゃんが、やっと8月22日に産んで、26日に帰ってきたわい
 高齢初産にかかわらず、陣痛開始から2時間半の超スピード出産やったらしい・・・かぁちゃん、初産で2時間半って・・・犬の子でも2時間半じゃ産まれんわい
 ・・・で、妹の名前は、たくさんの愛、という意味で『百々愛(モモア)』になったんよまだ外にでれんけど、もうちょっと大きくなったら一緒にお散歩にいくんよ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。